So-net無料ブログ作成
検索選択

海の恵みと国宝の旅 [富山]

富山に行ってきました♪
富山のごちそう.jpg
魚津では、美味しいお魚を堪能してきました♪白エビにゲンゲ(幻魚)は、富山ならではの食べ物です♪こんな、白エビ丼は、初めてです♪美味しかった~[わーい(嬉しい顔)]
魚津水族館.jpg
レンタルサイクルで海をサイクリングしながら、水族館までいきました♪(電動自転車は、初めてのりました[わーい(嬉しい顔)]快適過ぎて、びっくりしました♪3時間でたくさん、遊べました♪水族館のお魚ちゃんは、かわいいですね♪ショーも見せてくれました♪ありがとね♪
(ちなみに、魚津水族館は、現在、日本で一番古い水族館だそうです。1913年;大正2年開館:途中移転しているから、昔のまんまではないけどね♪☆)

翌日は、高岡観光
高岡観光.jpg
高岡の大仏さんと、国宝の瑞龍寺を見たくて立ち寄りました♪ドラえもん電車も走っています♪みんな、笑顔で写真を撮ってました♪ちなみに、出入り口が、どこでもドアです♪[わーい(嬉しい顔)]大仏さんを見るとほっとしますね♪そして瑞龍寺は、国宝だけあって、壮大な建物でした。気持ちが引き締まるというか、しんみりするというか、素敵な気持ちにさせていただける場所でした♪瑞龍寺HP→http://www.zuiryuji.jp/
WIN_20161130_125238.JPG
建物内で砂曼荼羅が公開されていて、そばで見ることができました♪とっても素敵な色合いでした♪製作工程も展示してありました♪作成は、海外の方(ネパールの方だったかな)が、ここで作成したそうです。

帰り道、待ち時間で金沢の駅に降りてみましたが、噂通りの素敵な駅というか、アートそのものでした。(写真はありませんが☆)

今回は、行きは、東京から北陸新幹線で、帰りは、金沢を通り、米原から東海道新幹線で小田原まで帰ってきました♪それぞれの土地の四季の移り変わりを感じとれる旅でした♪
とっても素敵な旅でした♪たくさんのイマジネーションを頂きました♪

たくさんの人にやさしい光がふりそそぎますように
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心新たに [富山]

富山の皇祖皇太神宮に行ってきました☆
PB132703.JPG
PB132707.JPG
ご縁があってお参りさせていただくことになって今年で四度目です。

PB132704.JPG
毎年11月にご縁があって、お参りさせていただいてます。自分自身、ここにお参りさせていただいて新しい年に切り替わるように感じています。

PB132710.JPG
お参りが済んだら、お日様がお顔をだしてくださいました♪
素敵な一日に感謝です♪

たくさんの人にやさしい光がふりそそぎますように。
タグ:心新たに
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

皇祖皇太神宮へお参りに行ってきました。 [富山]

11日から13日まで富山に行ってきました。
富山には、とっても心惹かれる神社があります。皇祖皇太神宮です。
今回で3度目です。全て11月にご縁があるようです。
2年前に、急用で向かった先の途中に突如、現れた神社です。
(ちなみに富山県は私の実家がある場所でもあります)

PB111707.JPG
参道の山道には、北アルプスの山々が、綺麗でした。
(小田原から、新幹線で富士山を眺め、在来線からは白山を眺め、この地に着きました。帰りは越後湯沢、東京周りで、ぐるっと日本の真ん中を一周して帰ってきました)

PB111708.JPG
この参道の小路を登っていくと・・・。

PB111710.JPG
素敵な鳥居があります。
~いわれについて~HPより抜粋
神宮は宇宙開闢の神皇 天地身一大神(あめつちまひとつのおおかみ) (元無極體主王御神(もとふみくらいみぬしおおかみ))から 天御光太陽貴王日大光日大神(あめみひかりおおひなかきおうひおおてるひおおかみ)(またの名メシヤ)までの天神七代、天日豊本葦牙気皇主身光大神天皇(あめひのもとあしかびきみのしみひかりおおかみてんのう)から二十六朝千百六十八代、そして神武朝の現代までの代代の天皇、皇后を合祀したお宮でありまして 皇祖皇太神宮(すみおやすみらおおたましいたまや)と申し上げます。
≪現在神社は茨城に移っているようですが、今でも古い富山の神社もこうして大切に残されています)

PB111718.JPG
こちらが本殿です。そばにきれいに紅葉した木がありました。
たくさんのお礼と感謝と、そして、自分自身、改めて背筋を正させていただき、
気持ちをいれていただいたように感じました。

PB111714.JPG
ここはお参りのしかたが違います。四度拝八平手一度拝です。
~お参りのしかたについて~HPより抜粋
皇祖皇太神宮では、天津神にたいし四度拝八平手(伊勢神宮式 八開手という)します。これは四方結んで八方に開くという義であり、国津神にたいし二度拝四平手(出雲大社式)しますのは、天地を結んで四方に開くという義であります。(平手は百六十まで打ってよしという記録もあります)
また組手をしたとき、第二指だけを立てて剣の形に組みますのは笏(しゃく)にかえるということです。


PB111715.JPG
イエスキリストさんやモーゼさんや空海さんや日蓮さんといった方々が来られて修業したと書いてあります。

PB111717.JPG
字が細かいですが、神武天皇より先の天皇のお名前がずらり。
歴代の天皇全てお祀りされています。
また、HPによると
~天皇が日本国だけの天皇となったのは神武天皇以後のことで、それまでの代代の天皇は一代に一度は必ず万国を巡幸(世界一周)されることを恒例とし天空浮船(あめそらうきふね)に乗って巡幸されながら、万国それぞれの国王、尊者、民主に謁(えつ)を賜り、任命されるなど光明赫灼とした、正に万国の棟梁、世界天皇でした~とあります。

とってもスケールが桁違い過ぎて、信じがたいお話かもしれませんが、私にとっては、他の神社やお寺さんと同じようにご縁があれば、突如、現れ、何かを伝えてくださる、自分にとって、とっても大切な場所であるということは確かです。こういう場所に来ると、ただ嬉しくなります。この日も感謝でいっぱいになりました。

ここでは、私の書ける範囲で書かせていただきました。

もっと知りたい方は・・・神社のHPです→http://www.kousokoutaijingu.or.jp/

たくさんの人にやさしい光がふりそそぎますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
   
人気ブログランキングへ
  ↑
押して頂けるとうれしいです。感謝です。今日も心を込めて、お届けさせていただきます。
たくさんの素敵なブログがあります。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

呉羽(くれは)の丘 [富山]

急用で昨年と同じく11月に富山に行くこととなりました。
実は昨年、目的地に向かう途中のバスの中から、きれいな山々(呉羽山)に見とれていたら、
皇祖皇太神宮(こうそこうたいじんぐう)の看板に出会い、お参りするご縁がありました。
(名前と富山にあることは聞いたことはありましたが、場所はよく分りませんでした)
先日、テレビで呉羽山が出ていて、今年は行きたいけど、ちょっと無理かなと思っていたら、
今年も、突然の急用で富山へ。昨年から今年一年間の感謝の気持ちをお伝えするために、
今年もお参りをしてきました。

富山へは、小田原から東海道新幹線で米原を経由し、金沢を通り富山へ、
そして帰りは、新潟方面から高崎、東京を経由して小田原まで、ぐるっと一周してきました。
kureha1.JPG
行きの東海道新幹線から富士山がきれいに見えました。嬉しかったです。
そして、米原で特急しらさぎ号に乗り換え、白山のある石川県を通り富山へ。

kureha2.JPG
皇祖皇太神宮ある、御皇城山(おみじんやま)の登り口付近です。剣岳がきれいに見えていました。


kureha3.JPG
鳥居へと続く素敵な階段。

kureha4.JPG
ここに来ると安らぎと同時にとても気持ちが引き締まります。
kureha5.JPG

kureha6.JPG
こちらは歴代の天皇と皇后をお祀りしていらっしゃるそうです。
神武天皇よりも古く、読み方も難解でいらっしゃる方々のお名前が書いてあります。
(ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この場所については、いろいろな事が云われております。
興味のある方は調べてみて下さいね)
とても、この土地・場所に惹かれました。そして神聖な場所というのが一番の印象です。

kureha7.JPG
昨年と今年一年のお礼とたくさんの人に愛と感謝の光が降りそそぎますよう、心を込めてお参りをしてきました。(こちらのお参りは四度拝八平手、一度拝です。組手の時は人差し指をだけを立てます。看板がありました)

kureha8.JPG
お参りの帰りにやさしい日差しが背中を温めてくれました。

kureha9.JPG
鳳凰さんかなと思ったら、家に帰ってよく見てみると下に向かって龍神さんのお顔が写っていました。


kureha10.JPG
二体の龍神さんが飛び立っていくようにも見えました
(手前と奥の方に。ちょっと分りづらいかな。でも素敵なお空だったので)

kureha11.JPG
そして北陸本線の窓からもきれいな景色に出会いました。
kureha12.JPG


kureha13.JPG
最後にもう一度剣岳と霊峰立山、北アルプスの代表的な山々を。
とっても素敵な出会いに感謝です。
来年もまた来たいな。

たくさんの人にやさしい光がふりそそぎますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
   
人気ブログランキングへ
  ↑
押して頂けるとうれしいです。感謝です。今日も心を込めて、お届けさせていただきます。
たくさんの素敵なブログがあります。

いつも、ご覧いただきありがとうございます。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

富山のやさしい味 [富山]

富山で食べたおいしいものです。全体的に味付けがやさしいような気がします。お水が違うのかな。
toyamaekiben.JPG
こんな富山をテーマにした駅弁もあります。ホタルイカも入っていました。
いくつかあるので見るだけでも楽しいと思います。

富山駅近くのお店で。多くのお店で白エビや寒ブリといった旬の食材が出されています。
気に入ったお店を探してみてください。
gengetosiroebikaraage.JPG
幻魚(ゲンゲ)の唐揚げ、白エビの唐揚げです。

osasimi toyama.JPG
お刺身です。寒ブリや甘海老、変わったところでお刺身を昆布で巻いた昆布巻きがありました。

buridaikon.JPG
定番のブリ大根。この時期、あったまります。

toyamagozen.JPG
富山を満喫できる御膳です。ますずし、白エビのかき揚げ、氷見うどんなど。
富山駅の駅ビルの食堂で。工夫を凝らした定食が多数あります。

ここからは、魚津駅近くのお店で食べたおしいかったものです。
siroebisasimi.JPG
白エビのお刺身です。甘海老よりも甘いです。

siroebikakiage.JPG
白エビのかき揚げです。

gengekaraage.JPG
幻魚(ゲンゲ)の唐揚げです。こちらは、とろっとした触感が美味でした。

osasimi uozu.JPG
お刺身です。その時期の旬のものがでてきます。これからは、やっぱり寒ブリかな。

kreinokaraage.JPG
カレイの唐揚げです。骨まで食べれます。

sirako.JPG
白子ポン酢です。たまたまこの日、おすすめだったので。おいしかったです。

iwagaki.JPG
こちらは夏のお盆ころまでですが、岩がきです。大きくてぷりぷりです。プリンみたいな感じ。

matutake.JPG
こちらは、秋限定で、松茸の土瓶蒸しです。お店によりますが、そんなに高くなかったと思います。
普通に、晩御飯食べに来てるようなところです。

お寿司にもやっぱり白エビが入っていました。
susi.JPG

番外編 活きのいいブリが跳ねています。
buriden.JPG
最後に、パステルチックなハットリくん電車。高岡駅にて。
高岡は原作者の故郷だということで、こんなのが走っています。
たまにしか行けない富山だけど、やっぱり秋から冬が一番、食べ物がおいしいかな。
高岡は食べ物はもちろんのこと、大仏さんや、国宝の素敵な瑞龍寺というお寺さんもあるので、
富山に行かれた際は、ぜひ、散策してみてください。



富山に行ってきました [富山]

急な用事が入り、富山に行ってきました。ついでに富山観光をしてきました。意外な発見もありました。
2010_1124_141105-P1000030.JPGポートラムに乗って岩瀬の町並みを散策。
2010_1124_114238-P1000026.JPG
東岩瀬で下車(旧富山港線時代から残る唯一の駅舎。休憩所として使用されています。)

2010_1124_124940-P1000028.JPG
この辺りは明治期に建てられた家屋が多く残って回船問屋群のある街並みだそうです。
国指定重要文化財(北前船回船問屋 森家)楽しい説明が聞けました。
2010_1124_115359-P1000027.JPG「満寿泉」の桝田酒造です。
2010_1124_125251-P1000029.JPG風情のあるお寺さんもたくさんありました。

2010_1124_142706-P1000031.JPG2010_1124_143050-P1000032.JPG
富山駅に戻り富山城へ。広場は工事中でしたが、お堀越しの風景は綺麗でした。