So-net無料ブログ作成
検索選択
三浦半島 ブログトップ

古事記を訪ねて~走水神社~ [三浦半島]

今日は、前から気になっていた横須賀にある走水(はしりみず)神社に行ってきました。
ここは古事記にも出てくる場所で、ヤマトタケルノミコトと后オトタチバナヒメノミコトに
関係の深い神社です。二宮で吾妻神社に出会ってからずっと気になっていました。
hasirimizu1.JPG
やさしさあふれる場所でした。心を込めて精一杯、お参りしてきました。
hasirimizu.JPG
神社説明書から創建について主な部分です。

走水の地名はすでに古事記(712年)や日本書紀(720年)の中に表れています。
大和朝廷時代に上総(千葉県)を経て東北地方に渡る最も便利な道として、この地方に古東海道が
通じておりました。走水神社の祭神は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)とその后、弟橘媛命(オトタチ
バナヒメノミコト)の二柱です。神社の創建された年代については、享保年間の火災で、神社の記録
や社宝が焼失してしまったのでわかりません。伝説では、景行天皇の即位40年(110年)東夷征討
の命を受けた大和武尊が、この走水から上総へ渡られるにあたり村民に「冠」を賜りましたので、冠を
石櫃に納めてその上に社殿を建て、大和武尊を祭ったことに始まると伝えています。

日本武尊が渡海の際、海上が荒れ、いまにも身が沈みそうになりました。海神の怒りであろうと考え
られた弟橘媛命は
 ~さねさしさがむのをぬにもゆるひの ほなかにたちてとひしきみはも~
の歌を残し日本武尊に代わって海に身を投じ風波を鎮めました。
 弟橘姫尊はもと旗山崎に橘神社として祭られていましたが、その地が軍用地に買収されたため、
明治42年、この神社に祭られました。

歌について、もう少し詳しくウィキペディア(弟橘媛)より、
~さねさし 相武(さがむ)の小野に 燃ゆる火の 火中(ほなか)に立ちて 問ひし君はも~
~佐泥佐斯 佐賀牟能袁怒邇 毛由流肥能 本那迦邇多知弖 斗比斯岐美波母~

「相模の野に燃え立つ火の中で、わたしの心配をしてくださった貴方」という意味である。
相模の国造にだまされ、火攻めにあった時のことを言っている。『古事記』にのみ存在する歌である。
尊に対する感謝の気持ちがよく表れている。
尊の「吾妻はや」という言葉とあわせると、ふたりは固い絆で結ばれていたことがわかる。
{媛を忘れられない尊は、『日本書紀』によれば碓日嶺(うすひのみね。現在の碓氷峠)、『古事記』によれば神奈川県の足柄の坂本(足柄山)において、「吾妻はや」(我が妻よ)と嘆いた。日本の東部を「あずま」と呼ぶのは、この故事にちなむという。いわゆる地名起源説話である}

歌の訳についてもうひとつ、
≪あの相模国の人里離れた野原で、火に囲まれ、ぼうぼうと燃える炎の中で、わたしの名を呼んでくださったあなたですもの≫【古事記:梅原猛 学研M文庫134頁】
他にも訳があるようです。やさしい感じのするものがほとんどみたいです。
hasirimizu2.JPG
御本殿の横から丘に登る素敵な道がありました。
(写真はありませんが、御本殿の後ろに回ると水の神様カッパ様がお祀りされていました)
hasirimizu3.JPG
途中の展望スペースはとてもきれいな景色でした。
hasirimizu4.JPG
hasirimizu5.JPG
この道の先には・・・。
hasirimizu6.JPG
素敵なお社がありました。
hasirimizu7.JPG
hasirimizu8.JPG
諏訪神社 神明社 須賀神社です。素敵な場所です。
こころを込めてお参り。そして下山。

hasirimizu9.JPG
今日もこの場所にこれたことに感謝。
hasirimizu10.JPG
大和武尊さま、弟橘媛命さま、ありがとうございます。

このあとは観音崎付近を散歩
hasirimizu11.JPG
海とそらがとってもきれいで心地よかったです。
hasirimizu12.JPG
三浦半島は歴史がいっぱい詰まった場所です。
今日もこの場所に来れたことに感謝の一日でした。
(今日は、やっとこの場所に来れた、お会いできたという感じがして、清々しい気持ちになりました)
今日も、たくさんの人にやさしい光が届きますように。

~今日は長くなりましたが、お付き合いいただきありがとうございます。
       走水神社へは、京急、馬堀海岸駅からバス観音崎行きで走水神社下車すぐです。~
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
   
にほんブログ村 美術ブログ パステル画へ
にほんブログ村
   
人気ブログランキングへ
  ↑
たくさんの素敵なブログがあります。
いつも、ご覧いただきありがとうございます。




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
三浦半島 ブログトップ